HOME  >  おしらせ   >  ごあいさつ

おしらせ

ごあいさつ

2010.08.25

荒谷英二

荒谷英二 院長

平成22年9月1日より、医療法人社団光風会篠路病院は、経営法人が変更になり社会医療法人 康和会 札幌しらかば台篠路病院として新たにスタートしました。これまで以上に職員が一丸となって地域医療の一翼を担うべく努力を重ね、皆さまの健康維持に貢献できるよう精進をして参りますので今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
これからは、「心のこもった医療・学ぶ心・社会への貢献」を基本理念として、札幌しらかば台病院などの康和会の各事業所との協力体制のもとに、近隣医療機関や介護施設等との連携も円滑に図り、安全で安心な医療の提供をさせていただきます。
また、外来患者様からのニーズが多かった消化器科疾患の診断や治療に対応できるように胃内視鏡や大腸内視鏡などの医療機器も充実させていき、入院アメニティの向上にも力を入れていく所存です。
康和会としてのトータルケアシステムの一角を担い、地域の皆様から信頼され親しまれるように、親切丁寧を心がけて質の高い医療と介護を提供する病院を目指していきます。

基本理念

◆心のこもった医療
◆学ぶ心
◆社会への貢献

基本方針

◆患者様一人一人の権利を尊重し、最善最良の医療を展開します
◆急性期医療から慢性期、外来・在宅から入院までの一貫した医療を実践します
◆各医療機関や地域の方々と連携した医療を進めます
◆広く社会貢献に取り組みます
◆最新の知識の習得と臨床研究・発表を続けます
◆健全な経営に努めます

患者様の権利と責任

当院では患者様を尊重し、患者様と当院の信頼関係を深め、
よりよい治療を行うために次に掲げる患者様の権利と責任を宣言します

患者様の権利

・適切な医療を公平に受ける権利
・個人としての人格を尊重される権利
・プライバシーを保護される権利
・医療の内容について十分な説明を受ける権利

患者様の責任

・昔かかった病気、入院や内服薬等自身の健康状態について情報を提供する責任
・保険に関する情報を提供する責任
・医療費を速やかに支払う責任
・病院が定めた規則・ルールを守る義務

職員の行動指針

・患者さまのことを最優先に考えます。
・迅速で気持ちの良い対応を心がけます。
・患者様のプライバシーを守り、人権を尊重します。
・患者さまには、常にわかりやすい言葉で説明します。
・患者さまの同意に基づき、公正で適切な医療を行います。
・医療人としての自覚と技術の向上のために、日々研鑚に努めます。